運輸安全マネジメント

新聞輸送の取り組み
車両システム
体制・組織
実施計画書
事故等連絡体制

新聞輸送の取り組み

東京都貨物輸送評価制度
東京都貨物輸送評価制度2017年度東京都貨物輸送評価制度で弊社は準二つ星をいただきました。
東京都は、自動車からのCO2削減を推進する取組みとして、貨物運送事業者のエコドライブ等の日常的な努力を実走行燃費で評価する「貨物輸送評価制度」を2013年度から本格実施しています。

東京都貨物輸送評価制度
グリーンエコプロジェクト
グリーンエコプロジェクト東京都トラック協会「グリーンエコプロジェクト」に参加し、全従業員による給油時の燃費計算を行い、車両ごとの燃費管理を行った。

Gマーク(安全性優良事業所)
Gマーク 安全性優良事業所弊社は、全日本トラック協会による安全性の指標である安全性優良事業所に認定され、現在も更新しています。安全性優良事業所とは、荷主企業がより安全性の高いトラック運送事業者を選びやすくするために、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関(全日本トラック協会)が厳しい評価をし、認定した事業所です。Gマークは安全性優良事業所のみに与えられる安全・安心・信頼の証しです。

車両システム

通信衛星からの情報を利用して車両の位置を把握するGPSを利用し、社内の管理PCで運行中のすべての車両情報をほぼリアルタイムで把握しております。運行管理の効率化、作業性と顧客サービスの向上を目指しております。
さらに運転中のアイドリング、スピート、ブレーキング等のデータなども全車に導入済みのドライブレコーダーから確認できるため、安全性、合理化に加えて環境対策への貢献も期待できます。
車両システムイメージ図
車両管理システムの特徴
  • 全車両の状況を営業所ごとに画面表示
  • 社発、店着、配送終了時間の報告
  • 運行状況および、現在位置を表示
  • 走行履歴の確認
※位置情報システムは、ナビッピドットコム株式会社のDP2サービスをカスタマイズして運用しております。

体制・組織

体制・組織

実施計画書

わが社の運輸安全マネジメントの取組み
平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
わが社の事故防止のための安全方針
《安全運行はプロドライバーの社会的使命!》
  • サービス品の品質を支えるのは「安全」で、それは個人の責任感とチームワークで実現する。
  • 「安全」を実現するためには、心身共に健康である事が基本であり、一人ひとりが健康管理を実践する。
  • 「安全」を実現するために、一人ひとりが毎日無事故・無災害のみならず危険ゼロ・違反ゼロを目標として活動する。
  • 「安全」を実現するために、教育訓練・安全衛生会議と作業開始前ミーティング(コミュニケーション)を実行する。
社内への周知方法
  • 本社、掲示板に提示する。
  • 業務連絡会議、安全衛生会議等での方針の周知徹底を行う。
  • 年間計画による、幹部会議、全社員を対象とした安全衛生会議、ドライバー教育・訓練を開催する。
安全方針に基づく目標
《サービスの品質ナンバーワン企業を目指し、一人ひとりが『安全のお手本』となる数値目標の立案で実行!》
【平成29年度 安全目標】
  • 第一当事者となる交通事故・構内事故・労働災害・その他の事故、ゼロを貫徹しよう!
    (人身事故・輸送事故・労働災害・クレーム)
  • 酒気帯び運転、速度超過の撲滅
目標達成のための計画
  • ドライブレコーダからの情報を安全衛生会議で検証する。
  • ヒヤリハットを体験した時は、専用の報告用紙で日報と一緒に報告し、情報の収集、集計し安全衛生会議等で検証する。
  • 社内評価制度の充実。
わが社における安全に関する情報交換方法
  • 2ヶ月に一度開催する安全衛生会議にてリスクアセスメントを実施し、一人ひとりが事例と対策を理解する事とする。
  • 掲示物は掲示期間を定め、「景色」にしない。また、回覧物を「読んだ人はサイン」の励行。
  • 携帯電話での一斉メールによる迅速な連絡体制の確保。
  • 事故報告は、事故の程度によらず全て開示を原則とし掲示する。
わが社の安全に関する反省事項
  • 平成29年度の内部チェックは平成29年11月を予定。問題点の結果は後日、本社営業所に掲示する。
反省事項に対する改善
  • 平成29年度の内部チェックにより把握した問題点の改善方法を、後日、本社営業所に掲示する。
平成29年度の事故防止のための安全方針(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
「安全運行はプロドライバーの社会的使命」
平成29年度の輸送の安全に関する目標(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
「第一当事者となる交通事故・構内事故・労働災害・その他の事故、ゼロを貫徹しよう!」
(人身事故・輸送事故・労働災害・クレーム)
「酒気帯び運転、速度超過の撲滅」
平成28年度の目標達成状況(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
目標 「人身事故 0件」「酒気帯び運転、速度超過 0件」
結果 「人身事故 0件 達成!」「酒気帯び運転、速度超過 0件 達成!」
重大事故発生件数 0件 達成!

わが社の自動車事故報告規則第2条各号に規定する事故 0件
対面点呼の実施
毎日、ドライバー全員と対面で点呼!元気良く「いってきます!」
定期的、全社安全会議の開催・実施
全体会議を定期開催。ヒヤリハット体験報告を行い、ヒヤリハット事例を擬似体験することにより、事故の発生を低減いたします!
グリーンエコプロジェクトへの参加
東京都貨物評価制度『☆☆(準二つ星)』を取得
「ゆっくり発進、ゆっくり停止」を合言葉に地球のため、未来のためにエコドライブ活動に積極的に取り組んでおります!
デジタルタコグラフとドライブレコーダーを全車に搭載!
安全運転、省燃費運転に徹し、事故の発生率と使用燃料量の削減に大きく寄与しております!
代表取締役社長
田中 敏之

事故・災害等に関する報告連絡体制

事故・災害等に関する報告連絡体制

新聞輸送の取り組み

東京都貨物輸送評価制度
2017年度東京都貨物輸送評価制度で弊社は準二つ星をいただきました。
東京都は、自動車からのCO2削減を推進する取組みとして、貨物運送事業者のエコドライブ等の日常的な努力を実走行燃費で評価する「貨物輸送評価制度」を2013年度から本格実施しています。
東京都貨物輸送評価制度
東京都貨物輸送評価制度
グリーンエコプロジェクト
東京都トラック協会「グリーンエコプロジェクト」に参加し、全従業員による給油時の燃費計算を行い、車両ごとの燃費管理を行った。
グリーンエコプロジェクト
Gマーク(安全性優良事業所)
弊社は、全日本トラック協会による安全性の指標である安全性優良事業所に認定され、現在も更新しています。安全性優良事業所とは、荷主企業がより安全性の高いトラック運送事業者を選びやすくするために、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関(全日本トラック協会)が厳しい評価をし、認定した事業所です。Gマークは安全性優良事業所のみに与えられる安全・安心・信頼の証しです。
Gマーク 安全性優良事業所

車両システム

通信衛星からの情報を利用して車両の位置を把握するGPSを利用し、社内の管理PCで運行中のすべての車両情報をほぼリアルタイムで把握しております。運行管理の効率化、作業性と顧客サービスの向上を目指しております。
さらに運転中のアイドリング、スピート、ブレーキング等のデータなども全車に導入済みのドライブレコーダーから確認できるため、安全性、合理化に加えて環境対策への貢献も期待できます。
車両システムイメージ図
車両管理システムの特徴
  • 全車両の状況を営業所ごとに画面表示
  • 社発、店着、配送終了時間の報告
  • 運行状況および、現在位置を表示
  • 走行履歴の確認
※位置情報システムは、ナビッピドットコム株式会社のDP2サービスをカスタマイズして運用しております。

体制・組織

体制・組織

実施計画書

わが社の
運輸安全マネジメントの取組み
平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
わが社の事故防止のための安全方針
《安全運行はプロドライバーの社会的使命!》
  • サービス品の品質を支えるのは「安全」で、それは個人の責任感とチームワークで実現する。
  • 「安全」を実現するためには、心身共に健康である事が基本であり、一人ひとりが健康管理を実践する。
  • 「安全」を実現するために、一人ひとりが毎日無事故・無災害のみならず危険ゼロ・違反ゼロを目標として活動する。
  • 「安全」を実現するために、教育訓練・安全衛生会議と作業開始前ミーティング(コミュニケーション)を実行する。
社内への周知方法
  • 本社、掲示板に提示する。
  • 業務連絡会議、安全衛生会議等での方針の周知徹底を行う。
  • 年間計画による、幹部会議、全社員を対象とした安全衛生会議、ドライバー教育・訓練を開催する。
安全方針に基づく目標
《サービスの品質ナンバーワン企業を目指し、一人ひとりが『安全のお手本』となる数値目標の立案で実行!》
【平成29年度 安全目標】
  • 第一当事者となる交通事故・構内事故・労働災害・その他の事故、ゼロを貫徹しよう!
    (人身事故・輸送事故・労働災害・クレーム)
  • 酒気帯び運転、速度超過の撲滅
目標達成のための計画
  • ドライブレコーダからの情報を安全衛生会議で検証する。
  • ヒヤリハットを体験した時は、専用の報告用紙で日報と一緒に報告し、情報の収集、集計し安全衛生会議等で検証する。
  • 社内評価制度の充実。
わが社における安全に関する情報交換方法
  • 2ヶ月に一度開催する安全衛生会議にてリスクアセスメントを実施し、一人ひとりが事例と対策を理解する事とする。
  • 掲示物は掲示期間を定め、「景色」にしない。また、回覧物を「読んだ人はサイン」の励行。
  • 携帯電話での一斉メールによる迅速な連絡体制の確保。
  • 事故報告は、事故の程度によらず全て開示を原則とし掲示する。
わが社の安全に関する反省事項
  • 平成29年度の内部チェックは平成29年11月を予定。問題点の結果は後日、本社営業所に掲示する。
反省事項に対する改善
  • 平成29年度の内部チェックにより把握した問題点の改善方法を、後日、本社営業所に掲示する。
平成29年度の事故防止のための安全方針(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
「安全運行はプロドライバーの社会的使命」
平成29年度の輸送の安全に関する目標(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
「第一当事者となる交通事故・構内事故・労働災害・その他の事故、ゼロを貫徹しよう!」
(人身事故・輸送事故・労働災害・クレーム)
「酒気帯び運転、速度超過の撲滅」
平成28年度の目標達成状況(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
目標 「人身事故 0件」「酒気帯び運転、速度超過 0件」
結果 「人身事故 0件 達成!」「酒気帯び運転、速度超過 0件 達成!」
重大事故発生件数 0件 達成!

わが社の自動車事故報告規則第2条各号に規定する事故 0件
対面点呼の実施
毎日、ドライバー全員と対面で点呼!元気良く「いってきます!」
定期的、全社安全会議の開催・実施
全体会議を定期開催。ヒヤリハット体験報告を行い、ヒヤリハット事例を擬似体験することにより、事故の発生を低減いたします!
グリーンエコプロジェクトへの参加
東京都貨物評価制度『☆☆(準二つ星)』を取得
「ゆっくり発進、ゆっくり停止」を合言葉に地球のため、未来のためにエコドライブ活動に積極的に取り組んでおります!
デジタルタコグラフとドライブレコーダーを全車に搭載!
安全運転、省燃費運転に徹し、事故の発生率と使用燃料量の削減に大きく寄与しております!
代表取締役社長
田中 敏之

事故・災害等に関する
報告連絡体制

事故・災害等に関する報告連絡体制

新聞輸送株式会社

運輸安全マネジメント

新聞輸送の取り組み
車両システム
体制・組織
実施計画書
事故等連絡体制

新聞輸送の取り組み

東京都貨物輸送評価制度
東京都貨物輸送評価制度2017年度東京都貨物輸送評価制度で弊社は準二つ星をいただきました。
東京都は、自動車からのCO2削減を推進する取組みとして、貨物運送事業者のエコドライブ等の日常的な努力を実走行燃費で評価する「貨物輸送評価制度」を2013年度から本格実施しています。

東京都貨物輸送評価制度
グリーンエコプロジェクト
グリーンエコプロジェクト東京都トラック協会「グリーンエコプロジェクト」に参加し、全従業員による給油時の燃費計算を行い、車両ごとの燃費管理を行った。

Gマーク(安全性優良事業所)
Gマーク 安全性優良事業所弊社は、全日本トラック協会による安全性の指標である安全性優良事業所に認定され、現在も更新しています。安全性優良事業所とは、荷主企業がより安全性の高いトラック運送事業者を選びやすくするために、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関(全日本トラック協会)が厳しい評価をし、認定した事業所です。Gマークは安全性優良事業所のみに与えられる安全・安心・信頼の証しです。

車両システム

通信衛星からの情報を利用して車両の位置を把握するGPSを利用し、社内の管理PCで運行中のすべての車両情報をほぼリアルタイムで把握しております。運行管理の効率化、作業性と顧客サービスの向上を目指しております。
さらに運転中のアイドリング、スピート、ブレーキング等のデータなども全車に導入済みのドライブレコーダーから確認できるため、安全性、合理化に加えて環境対策への貢献も期待できます。
車両システムイメージ図
車両管理システムの特徴
  • 全車両の状況を営業所ごとに画面表示
  • 社発、店着、配送終了時間の報告
  • 運行状況および、現在位置を表示
  • 走行履歴の確認
※位置情報システムは、ナビッピドットコム株式会社のDP2サービスをカスタマイズして運用しております。

体制・組織

体制・組織

実施計画書

わが社の運輸安全マネジメントの取組み
平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
わが社の事故防止のための安全方針
《安全運行はプロドライバーの社会的使命!》
  • サービス品の品質を支えるのは「安全」で、それは個人の責任感とチームワークで実現する。
  • 「安全」を実現するためには、心身共に健康である事が基本であり、一人ひとりが健康管理を実践する。
  • 「安全」を実現するために、一人ひとりが毎日無事故・無災害のみならず危険ゼロ・違反ゼロを目標として活動する。
  • 「安全」を実現するために、教育訓練・安全衛生会議と作業開始前ミーティング(コミュニケーション)を実行する。
社内への周知方法
  • 本社、掲示板に提示する。
  • 業務連絡会議、安全衛生会議等での方針の周知徹底を行う。
  • 年間計画による、幹部会議、全社員を対象とした安全衛生会議、ドライバー教育・訓練を開催する。
安全方針に基づく目標
《サービスの品質ナンバーワン企業を目指し、一人ひとりが『安全のお手本』となる数値目標の立案で実行!》
【平成29年度 安全目標】
  • 第一当事者となる交通事故・構内事故・労働災害・その他の事故、ゼロを貫徹しよう!
    (人身事故・輸送事故・労働災害・クレーム)
  • 酒気帯び運転、速度超過の撲滅
目標達成のための計画
  • ドライブレコーダからの情報を安全衛生会議で検証する。
  • ヒヤリハットを体験した時は、専用の報告用紙で日報と一緒に報告し、情報の収集、集計し安全衛生会議等で検証する。
  • 社内評価制度の充実。
わが社における安全に関する情報交換方法
  • 2ヶ月に一度開催する安全衛生会議にてリスクアセスメントを実施し、一人ひとりが事例と対策を理解する事とする。
  • 掲示物は掲示期間を定め、「景色」にしない。また、回覧物を「読んだ人はサイン」の励行。
  • 携帯電話での一斉メールによる迅速な連絡体制の確保。
  • 事故報告は、事故の程度によらず全て開示を原則とし掲示する。
わが社の安全に関する反省事項
  • 平成29年度の内部チェックは平成29年11月を予定。問題点の結果は後日、本社営業所に掲示する。
反省事項に対する改善
  • 平成29年度の内部チェックにより把握した問題点の改善方法を、後日、本社営業所に掲示する。
平成29年度の事故防止のための安全方針(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
「安全運行はプロドライバーの社会的使命」
平成29年度の輸送の安全に関する目標(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
「第一当事者となる交通事故・構内事故・労働災害・その他の事故、ゼロを貫徹しよう!」
(人身事故・輸送事故・労働災害・クレーム)
「酒気帯び運転、速度超過の撲滅」
平成28年度の目標達成状況(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
目標 「人身事故 0件」「酒気帯び運転、速度超過 0件」
結果 「人身事故 0件 達成!」「酒気帯び運転、速度超過 0件 達成!」
重大事故発生件数 0件 達成!

わが社の自動車事故報告規則第2条各号に規定する事故 0件
対面点呼の実施
毎日、ドライバー全員と対面で点呼!元気良く「いってきます!」
定期的、全社安全会議の開催・実施
全体会議を定期開催。ヒヤリハット体験報告を行い、ヒヤリハット事例を擬似体験することにより、事故の発生を低減いたします!
グリーンエコプロジェクトへの参加
東京都貨物評価制度『☆☆(準二つ星)』を取得
「ゆっくり発進、ゆっくり停止」を合言葉に地球のため、未来のためにエコドライブ活動に積極的に取り組んでおります!
デジタルタコグラフとドライブレコーダーを全車に搭載!
安全運転、省燃費運転に徹し、事故の発生率と使用燃料量の削減に大きく寄与しております!
代表取締役社長
田中 敏之

事故・災害等に関する報告連絡体制

事故・災害等に関する報告連絡体制

新聞輸送の取り組み

東京都貨物輸送評価制度
2017年度東京都貨物輸送評価制度で弊社は準二つ星をいただきました。
東京都は、自動車からのCO2削減を推進する取組みとして、貨物運送事業者のエコドライブ等の日常的な努力を実走行燃費で評価する「貨物輸送評価制度」を2013年度から本格実施しています。
東京都貨物輸送評価制度
東京都貨物輸送評価制度
グリーンエコプロジェクト
東京都トラック協会「グリーンエコプロジェクト」に参加し、全従業員による給油時の燃費計算を行い、車両ごとの燃費管理を行った。
グリーンエコプロジェクト
Gマーク(安全性優良事業所)
弊社は、全日本トラック協会による安全性の指標である安全性優良事業所に認定され、現在も更新しています。安全性優良事業所とは、荷主企業がより安全性の高いトラック運送事業者を選びやすくするために、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関(全日本トラック協会)が厳しい評価をし、認定した事業所です。Gマークは安全性優良事業所のみに与えられる安全・安心・信頼の証しです。
Gマーク 安全性優良事業所

車両システム

通信衛星からの情報を利用して車両の位置を把握するGPSを利用し、社内の管理PCで運行中のすべての車両情報をほぼリアルタイムで把握しております。運行管理の効率化、作業性と顧客サービスの向上を目指しております。
さらに運転中のアイドリング、スピート、ブレーキング等のデータなども全車に導入済みのドライブレコーダーから確認できるため、安全性、合理化に加えて環境対策への貢献も期待できます。
車両システムイメージ図
車両管理システムの特徴
  • 全車両の状況を営業所ごとに画面表示
  • 社発、店着、配送終了時間の報告
  • 運行状況および、現在位置を表示
  • 走行履歴の確認
※位置情報システムは、ナビッピドットコム株式会社のDP2サービスをカスタマイズして運用しております。

体制・組織

体制・組織

実施計画書

わが社の
運輸安全マネジメントの取組み
平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
わが社の事故防止のための安全方針
《安全運行はプロドライバーの社会的使命!》
  • サービス品の品質を支えるのは「安全」で、それは個人の責任感とチームワークで実現する。
  • 「安全」を実現するためには、心身共に健康である事が基本であり、一人ひとりが健康管理を実践する。
  • 「安全」を実現するために、一人ひとりが毎日無事故・無災害のみならず危険ゼロ・違反ゼロを目標として活動する。
  • 「安全」を実現するために、教育訓練・安全衛生会議と作業開始前ミーティング(コミュニケーション)を実行する。
社内への周知方法
  • 本社、掲示板に提示する。
  • 業務連絡会議、安全衛生会議等での方針の周知徹底を行う。
  • 年間計画による、幹部会議、全社員を対象とした安全衛生会議、ドライバー教育・訓練を開催する。
安全方針に基づく目標
《サービスの品質ナンバーワン企業を目指し、一人ひとりが『安全のお手本』となる数値目標の立案で実行!》
【平成29年度 安全目標】
  • 第一当事者となる交通事故・構内事故・労働災害・その他の事故、ゼロを貫徹しよう!
    (人身事故・輸送事故・労働災害・クレーム)
  • 酒気帯び運転、速度超過の撲滅
目標達成のための計画
  • ドライブレコーダからの情報を安全衛生会議で検証する。
  • ヒヤリハットを体験した時は、専用の報告用紙で日報と一緒に報告し、情報の収集、集計し安全衛生会議等で検証する。
  • 社内評価制度の充実。
わが社における安全に関する情報交換方法
  • 2ヶ月に一度開催する安全衛生会議にてリスクアセスメントを実施し、一人ひとりが事例と対策を理解する事とする。
  • 掲示物は掲示期間を定め、「景色」にしない。また、回覧物を「読んだ人はサイン」の励行。
  • 携帯電話での一斉メールによる迅速な連絡体制の確保。
  • 事故報告は、事故の程度によらず全て開示を原則とし掲示する。
わが社の安全に関する反省事項
  • 平成29年度の内部チェックは平成29年11月を予定。問題点の結果は後日、本社営業所に掲示する。
反省事項に対する改善
  • 平成29年度の内部チェックにより把握した問題点の改善方法を、後日、本社営業所に掲示する。
平成29年度の事故防止のための安全方針(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
「安全運行はプロドライバーの社会的使命」
平成29年度の輸送の安全に関する目標(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
「第一当事者となる交通事故・構内事故・労働災害・その他の事故、ゼロを貫徹しよう!」
(人身事故・輸送事故・労働災害・クレーム)
「酒気帯び運転、速度超過の撲滅」
平成28年度の目標達成状況(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
目標 「人身事故 0件」「酒気帯び運転、速度超過 0件」
結果 「人身事故 0件 達成!」「酒気帯び運転、速度超過 0件 達成!」
重大事故発生件数 0件 達成!

わが社の自動車事故報告規則第2条各号に規定する事故 0件
対面点呼の実施
毎日、ドライバー全員と対面で点呼!元気良く「いってきます!」
定期的、全社安全会議の開催・実施
全体会議を定期開催。ヒヤリハット体験報告を行い、ヒヤリハット事例を擬似体験することにより、事故の発生を低減いたします!
グリーンエコプロジェクトへの参加
東京都貨物評価制度『☆☆(準二つ星)』を取得
「ゆっくり発進、ゆっくり停止」を合言葉に地球のため、未来のためにエコドライブ活動に積極的に取り組んでおります!
デジタルタコグラフとドライブレコーダーを全車に搭載!
安全運転、省燃費運転に徹し、事故の発生率と使用燃料量の削減に大きく寄与しております!
代表取締役社長
田中 敏之

事故・災害等に関する
報告連絡体制

事故・災害等に関する報告連絡体制

トップへ

トップへ

〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-27
TEL:03-5765-5001 FAX:03-5765-5006
Copyright(C) 新聞輸送株式会社
All Rights Reserved.